ED治療薬を比較してそれぞれのメリット・デメリットを知り薬を選ぶ

ED治療薬にも個性があり「効き目が長い」「すぐに効く」など必要に応じて選択することができます。効果が長く持続するシアリスであれば飲むタイミングを気にしないですみます。即効性のあるレビトラやバイアグラであれば、突然の性行為でもあわてないですみます。それぞれの個性を知って効果的にED治療薬を使用してみましょう。

*

ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスはそれぞれ効果に差がある

   

男性の悩みで多いのが、男性機能の衰えです。特にEDと呼ばれる勃起不全は、多くの男性が悩んでいます。勃起不全は、性交に必要な十分な勃起が得られない状態です。勃起不全は様々な原因で発症しますが、若い男性の場合は、ストレスで勃起不全になる人が多いです。一方、中高年男性に多いのが、生活習慣病が原因の勃起不全です。

ED治療薬は血液を陰茎に流し勃起を促す

勃起不全の治療薬として有名なのが、PDE5阻害薬です。
勃起は、男性の陰茎海綿体に血液が流れ込み、膨張することで起こります。この時に重要な役割を果たす物質が、サイクリックGMPです。この物質には血管を拡張させる作用があり、血管が拡張することで多くの血液が陰茎に流れて勃起を促すのです。

PDE5は、サイクリックGMPを分解して勃起を収束させますが、様々な原因によりPDE5が増えすぎてしまうと、勃起に支障が出るのです。このPDE5の作用を阻害するのがPDE5阻害薬です。体内のPDE5阻害薬の働きを抑制することで、勃起不全を解消します。

3大ED治療薬は効果に差がある

日本で良く知られているPDE5阻害薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。この3種類の治療薬は、比較サイトでもよく紹介されており、それぞれ有効成分や価格が異なります。効果にも差があるので、3種類の中から体質や使用状況、目的に合った治療薬を選ぶことが大事です。

バイアグラ

バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。バイアグラは、勃起不全の治療薬として世界的に有名な薬です。1998年1月にアメリカで発売されると、爆発的に売れました。日本でも、承認申請からわずか半年で認可され、1999年3月から販売されています。

レビトラ

レビトラの有効成分は、バルデナフィルです。レビトラは、バイアグラの次に誕生した薬で、水に溶けやすい性質を持っています。

シアリス

シアリスの有効成分は、タダラフィルです。シアリスは、投与後36時間までの有効性が認められており、食事の影響も受けないことから、日本でも人気があるED治療薬のひとつです。